医療法人潤和会 今出川 前田歯科医院(京都市上京区の歯科医院)

〒602-8444 京都市上京区今出川智恵光院西入ル西北小路町241-2 クレステージ今出川 1F
TEL.075-441-8668
ホームページURL:http://www.maeda-dental.info/
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

タイ旅行からの、、、入塾!!

0
     こんにちは、技工士の常岡です。


    毎日暑い日が続きますが、クーラーにばかりあたっているのも疲れますよね。。

    汗をかくことも大事らしいですね◎


    さて、タイへの研修旅行の写真は岡田さんがアップしていましたが、せっかくですので、ぼくもします笑

    研修といって何を勉強してきたのか!?

    直接、歯科に関することははっきり言ってありませんが、社会人・日本人として異文化に触れることで感化されることがおおいにありましたし、仕事を離れた場所でスタッフ同士でコミュニケーションをたくさんとれたことも貴重なことでした。

    IMG_2035.JPG

    タイの空港で、日本円からタイバーツに両替。

    IMG_2051.JPG

    みんなでアユタヤ遺跡を観光しました。

    IMG_2049.JPG

    自然と融合する仏様。

    IMG_2096.JPG

    カオサンで見つけた歯科医院。

    IMG_2099.JPG

    最終日の夜は、3000万バーツ!?の夜景を堪能。



    本当に楽しい旅行で、久しぶりにリフレッシュした思いでした。


    そして、よく遊んだ後は、仕事を学ぶときです。


    先週末から勉強コースが始まりました。

    西村好美先生の主宰されるにしむら塾です。

    期待と不安の入り交じる第1回の講習を終えて、非常にワクワクしております。

    内容がかなり総合的で、技工士としての技術だけではなく社会人としての人間性も成長できそうな予感がします。


    よく遊び、よく学び、よく働く。

    バタバタ忙しくしながら充実した日々を過ごさせていただいています^^



    技工士 | permalink | comments(0) | -

    空の色

    0
       こんにちは、技工士の常岡です。

      ようやく、梅雨らしく雨の日が続きますね。。




      さて、ぼくは、NGSCという勉強会での発表が、来月に迫っています!!

      歯の色をテーマにしていまして、そもそも色とは何か??という根本から勉強しています。


      ずばり!!色とは光です。

      その物体が、色のついた光に対してどういう特性を持っているかということなのです!

      リンゴが赤いのは、赤い光を反射して、それ以外の色の光を吸収しているからです!!

      リンゴ自体が赤いわけじゃないんですね。。




      今回は、空の色についてお話します。

      昼間の空の青さと、朝日や夕日のオレンジ色の違いはどうして起こるのか!?

      まず、昼間の空。

      bright-blue-sky-with-a-few-tiny-white-clouds.jpg

      太陽からは様々な色の光が地表に入ってきますが、その中の青い光は波長が短く大気中の細かい物質にぶつかり周りにその光を散乱します(いわゆる短波長の光は散乱しやすい)。私たちは、その青い光の散乱を空にみているわけです。



      では、朝日や夕日のオレンジの空。


      beverlyclaire_tumonbay-sunset-2a-1150.png


      朝日や夕日の時間は、日が傾いていますので、太陽の光は昼間よりもかなり長く大気の層を通ってこなければなりません。

      その間に青い光は散乱吸収されて、我々の眼には届きません。

      そして、散乱しにくい赤や黄色の光だけが地表まで届くのです。


      そういう微妙な条件の違いで、自然の景色は様々な色を見せてくれているんですね。



      実は、歯の表面のエナメル質は、こういう空の色に見えるような特殊な光学特性を持っているので、天然歯は美しいですし、人工的に再現するのが難しいということになるわけです。


      色や光のことを勉強すると、何気ない日常の場面でも、

      これはあの光が反射してあれは吸収されて、そして一部は透過して、、、あれこれなってこの色になってるのか、

      とか考えちゃって、楽しいです!!笑。




      技工士 | permalink | comments(0) | -

      高い所は。。。

      0
        こんにちは、技工士の常岡です。

        GWに山登りをしてきました。

        滋賀の栗東と竜王の間くらいでしょうか、天狗岩というまさに天狗が出そうな場所があります。

        IMG_1852.JPG

        IMG_1867.JPG

        IMG_1864.JPG

        けっこう人気のスポットらしく、たくさんの方が登られていました。


        今回、岩の上に登って気づきましたが、

        自分は、実は、高い所が苦手だということです。


        高く不安定な所に行くと、足がすくんで体が硬直してしまうのです。

        なんと、登山好きとして致命的ではないでしょうか。。。


        過去に、スカイダイビングや、バンジージャンプの経験はありますが、今思い返すと相当ビビってたんだと思います笑。


        なんとか、この高所恐怖を克服して、高い所が得意な男になりたいと思います^^




        技工士 | permalink | comments(0) | -

        エステティックを極める!!

        0
          こんにちは、技工士の常岡です。

          先週末に、グランキューブ大阪で行われた講演会に参加してきました。

          aoki.jpg

          イボクラービバデント主催のIPS e.max Estheticsを極めると表題されたものです。



          Estheticsとは審美治療のことです。

          審美とはつまり見た目のの美しさではありますが、
          誤解してはいけないのは、ただ見た目が良ければいいというのではなくて、壊れない・よく噛める・生体に適合するといった条件を備えた上での審美修復ということを意味するのです。

          ある意味、今の歯科治療の到達点が非常に高いピークにきつつあるようにも感じます。



          今やオールセラミックスの代名詞といっても過言ではないe.maxの日本でのオピニオン・リーダーを務められているお二人の講演でした。

          東京・代官山で開業されている歯科医師の大河先生。

          大阪でセラミックトレーニングセンターを主宰されている技工士の片岡繁夫先生。

          正しい診断と治療、卓越した技術で製作される補綴物。そして、それらは深い臨床経験・知識に基づいたものであります。

          そうした、審美補綴を極めるための歯科医師と歯科技工士の確かな連携。
          それを異分野を越えるという意味で、インターディシプリナリー・アプローチといいます。
          言いにくいけど、かっこいいですね。

          講演会では、たくさん英語が出てきました。
          いや、スライドの文字はほぼ英語だった気もします。

          それはやはり、お二人が日本にとどまらず世界的に活躍されているからでしょう。

          歯科の仕事は、世界的な基準に照らして計れるという面があり、その部分でもやりがいを感じています。




          e.maxはもちろん前田歯科でも採用しております。

          今回に勉強したことを反映して、私も研鑽を積み、審美を極めたe.maxが患者様に提供できるようにしたいと思います^^






          技工士 | permalink | comments(0) | -

          レゲエライブ

          0
             こんにちは、技工士の常岡です。

            今日はビルボードライブ大阪で開かれるライブに行ってきます!

            レゲエ界の大御所、今年のグラミーではベスト・レゲエ・アルバム賞を受賞したジミー・クリフというジャマイカのシンガーです。

            913200026.jpg

            生の演奏はなかなか聴く機会が少ないので楽しみにしています^^



            そしてライブからの、週末土日はそのままコバルトクロム・メタルボンド2日間コース。。

            音楽でテンションを上げてしっかり勉強し、技術を習得してきたいと思います。

            2013_cocr.jpg


            技工士 | permalink | comments(0) | -

            超絶彫技!!

            0
              こんばんは、技工士の常岡です。

              先日、清水寺ちかくの、三年坂美術館に行ってきました。

              そこで、すごい作品に出会いました。


              作者は石川光明という人で、明治期に活躍した牙彫・木彫を専門にした彫刻家です。

              作品は、非常に精緻な作りで、構図は絵画のようにダイナミックで、人間の情感まで感じることができます。

              日本の彫刻史上で最上と言ってもいいほどの超絶彫技です。

              同時期の高村光雲よりも上手い気がします。

              どのような精神を持って仕事に臨めば、こんな作品を生み出せるのか。。




              歯科技工は医療行為の一部であり、芸術ではあり得ません。

              しかし、一流の技工士が作る補綴物は結果として芸術性を持つこともあります。



              芸術作品に触れる機会が、いつか自分の職人としての精神・技術の進歩につながれば幸いです^^




              tumblr_m8d6qik46a1qz6xmmo1_500.jpg

              技工士 | permalink | comments(0) | -

              今年は。。

              0
                 こんにちは、技工士の常岡です。

                本年もどうぞよろしくお願いします^^

                年末年始は地元に帰省してゆっくりしていました。

                初日の出をしっかり拝んできましたよー!!

                IMG_1446.jpgIMG_1428.jpg

                写真を見るときれいですが、実際は日の出よりもかなり早くに待機してしまい、体が冷えきって感動する余裕などありませんでした。。(笑)

                しかし、それも含めて、いい正月が過ごせたと思います◎


                さて、今年の目標は。。。

                体を鍛える!ことにします。

                IMG_1520.JPG

                いつもそういう決意をしてトレーニングにかかるわけですが、どうしても波があって、やったりやらなかったりになりがちです。

                そこを打破して継続するためには、体を健康な状態に保ち、気持ちもいつもやる気に満ちていなければなりません。

                そうして、強靭な体を作って、積極的な気持ちで、仕事や他の事にもチャレンジしていきたいです!


                これだけ宣言しておけば、逃げられませんからね。。(笑)








                技工士 | permalink | comments(0) | -

                NGSC発表!!

                0
                  こんばんは、技工士の常岡です。

                  明日から12月!!寒さも本格的になってきましたね。
                  温かい鍋料理が食べたくなります^^


                  NGSCの発表が来来週に迫っています。

                  NGSC(New Generation Study Club)は前田院長が会長を務めている歯科医師・歯科技工士の勉強会です。

                  タイトルは「セラミック修復におけるマテリアル選択の臨床的基準」です。

                  患者さんそれぞれに合った最適な修復材料は何か?というような話です。。

                  今回は自分の中で少しいつもより意気込んでいます。

                  本も読みました。

                  b0052811_6265389.jpg

                  プレゼンテーションを行うときのマインドを学びました。
                  どういう気持ちで、意識でそこに向き合うか。
                  やはりもっとも大切なのは聴衆。聞いていただく人たちにとって少しでも有益な何かがあるように。。

                  本番まであと10日、できることを精一杯して臨みたいと思います。

                  R0015501.JPG

                  NGSC4人衆!!!!








                  技工士 | permalink | comments(0) | -

                  目指せ100歳!!

                  0
                    こんばんは、今出川前田歯科医院の歯科技工士の常岡です。



                    先週末に大阪歯科技工士会・衛生士会主催の講演会に参加してきました。

                    みなさんご存知でしょうか?

                    演者は先日、106歳で世界一周講演旅行を達成しギネス記録保持者に認定された昇地三郎先生、と昇地先生の総義歯を担当した歯科技工士の原田庸人先生でした。

                    PN2010120901000607_-_-_CI0003.jpg

                    この衣装が正装だそうです^^



                    昇地先生は、一口30回噛んで食べることを健康法として提唱されています。

                    そして、高齢に伴い歯を失ったときに、よく噛める義歯を作ることの重要性を説いておられます。

                    しかし、今の保険制度の総義歯算定ではよく噛める制度の高い総義歯を作ることが難しいとして、厚生労働大臣に算定点数アップの嘆願書を出されたりもしました。

                    ちなみに昇地先生の義歯は自費のものだと思います。

                    30年間同じ義歯を使われたそうです。

                    講演では、90分ほどノンストップでしゃべられまして、ぼくが見ていた限りでは途中でお水を飲まれなかったような気がします。
                    普通は長時間しゃべると口の中が渇きますし、ご高齢なことも考える合わせると、すごいことです。
                    やはり、普段の食事でよく噛むことを実践されているので、唾液の分泌も良好なのかも知れません。

                    あと、昇地先生は、ユーモアを持つこともすごく大切だといわれており、ご自身も何ともいえずユーモラスで、まず講演を開始する場面でもすぐに場を笑いで和ませておられました。



                    司会の女性「それでは、昇地先生お願いいたします!」

                    昇地先生「・・・・。」

                    司会の女性「・・・、先生・・・!?。」

                    昇地先生「・・・・。」

                    会場「笑」

                    IMG_1140.JPG

                    あれ?大丈夫かな?と思わせる感じで何ともおかしいんです。
                    人をすごくリラックスさせて楽しくさせる雰囲気を持っておられました。




                    会場もそうした雰囲気でしたので、昇地先生発案の棒体操もお客さん全員参加(ぼく以外(笑))で盛り上がっていました。

                    IMG_1141.JPG





                    原田先生も75歳で現役歯科技工士をバリバリされています。

                    先々週に聞いた桑田正博先生の講演会から合わせて、ぼくの中では、

                    76歳→106歳→75歳、の演者の先生リレーです。

                    すごいですよね。みなさんとてもお元気です。

                    ポジティブに仕事に情熱を持って生きることが元気の秘訣でしょうか。




                    うーん、でも昇地先生は別格でしたね。

                    やっぱりすごい人だと思います。常人の域ではないです。大達人です。





                    目指せ100歳!とはなかなか気軽に言えませんが、とりあえず一口30回噛む食事法を実践するところから始めてみたいと思います^^












                    技工士 | permalink | comments(0) | -

                    ステイン法だからといって。。

                    0
                      こんばんは、技工士の常岡です。

                      先週末に、大阪で行われたセミナーに参加しました。


                      大信貿易主催のフルジルコニアクラウン・ステインコースです。

                      講師はファインの上原芳樹さんです。


                      もともとはジルコニアのコーピングの上にポーセレンを築盛するのが通法でしたが、

                      最近はかなり透過性の高い色付きのジルコニアディスクが出てきたことにより、全体をジルコニア単体で補うクラウンがケースによっては作られるようになってきました。

                      しかし、ジルコニア単体のクラウンは強度はかなり高いですが審美的には劣ります。

                      それを特別な形態修正・色付け(ステイン)を行うことで、少しでも審美性を高めようとする実習会です。

                      実習のほかに、フルジルコニアクラウンを含めた多様化するマテリアルセレクションについての講義がありました。

                      非常にわかりやすく説明していただけたので、頭の中を整理することができました。





                      ステインだけのクラウンは確かに審美的にはポーセレンを築盛したものに劣ります。

                      しかし、それは手間を省いた妥協的な選択ではなく、強度を優先した積極的な選択です。

                      そして、われわれ技工士はそういうディスアドバンテージを少しでも挽回する努力をしています。

                      どういう風な形態を与えてステインを施せば天然歯らしく見えるのかということで様々な工夫をします。


                      より美しくより丈夫な歯が患者さんの口腔内に届いて、よりよい機能回復の装置となりますように。。。
                      技工士 | permalink | comments(0) | -