医療法人潤和会 今出川 前田歯科医院(京都市上京区の歯科医院)

〒602-8444 京都市上京区今出川智恵光院西入ル西北小路町241-2 クレステージ今出川 1F
TEL.075-441-8668
ホームページURL:http://www.maeda-dental.info/
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ほっ。とするひと | main | 埼玉から… >>

乳歯バンク

0
    こんにちは!岡田です。今日はとっても気持ちのよい天気でしたね♪
    技工士の常岡さんからブログネタを提供して頂きました(笑)


    “乳歯バンク”

    さっそく調べました。少し難しい言葉が並びますが、すいません…
    子供の乳歯から取り出した体性幹細胞(歯髄幹細胞)を保存・管理し、
    歯骨や皮膚などの再生医療に役立てる、日本で民間初の乳歯バンクが
    今月中をめどに設立されることが1日に発表されました。


    では、一体どんな事なのか? 簡単に抜粋して書かせて頂きます。

    乳歯は採集が容易で、幹細胞としては細胞密度が高く増殖能力が高いことから、
    白血病治療の骨髄、臍帯(さいたい)血バンクに代わる新たな細胞バンクとして
    期待されています。幹細胞は骨髄や臍帯血にもありますが、乳歯の幹細胞の方
    が細胞密度が高く、骨や軟骨以外に神経、血管などに分化する可能性を持つそうです。さらに最近、イヌから採取した乳歯幹細胞を親イヌに移植したところ、歯槽骨を再生することに成功、乳歯幹細胞から培養した骨が同種の動物で世代間を超えた移植が可能であることが確認されました。

    白血病治療では骨髄や臍帯血の幹細胞の利用が知られていますが、これらの採集は提供者の負担も大きく十分な量が集まっていないのが現状です。また、万能の再生治療が期待されるES細胞(胚=はい=性幹細胞)技術も倫理上の問題があります。しかし、抜けた乳歯なら提供者の負担もありません。近い将来には子供の乳歯幹細胞を利用した親の骨粗しょう症、骨折など骨疾患への利用が可能になり、将来的には親以外の近親者への治療の他、ひざや顎関節などの軟骨疾患、脳梗塞(こうそく)などの難治性の神経疾患、ケロイドや傷あとなどの皮膚疾患などの治療への応用可能性があるとまで言われています。


    一日も早く、こんな日が来て
               たくさんの人の笑顔が増えますように・・・植物

    - | permalink | comments(1) | -

    この記事に対するコメント

    娘達の乳歯を捨てきれずとってあります。娘は14サイですがもしお役に立てるなら…と。
    あかね | 2013/01/16 4:33 PM
    コメントする