医療法人潤和会 今出川 前田歯科医院(京都市上京区の歯科医院)

〒602-8444 京都市上京区今出川智恵光院西入ル西北小路町241-2 クレステージ今出川 1F
TEL.075-441-8668
ホームページURL:http://www.maeda-dental.info/
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 節分! | main | イチゴ >>

羅漢

0
    こんにちは、技工士の常岡です。

    春らしい気温の日が増えてきたと同時に、花粉症の症状にも悩まされ始めました。。

    さて、ぼくは先週末に、日帰りで東京まで行って来ました。

    目的は、二つの五百羅漢図展を見ることでした。美術の展覧会です。

    羅漢とは、仏教の修行をして高い境地に至った聖者のことです。

    モチーフは同じ二つの展覧会でしたが、内容は非常に対象的でした。

    一つは、増上寺というお寺で開催されていた、江戸時代後期の狩野一信という画師によるもの。

    増上寺は東京タワーのふもとにあります。正確には元々の増上寺の敷地に東京タワーが建ったのでしょうが。。

    嵯峨清涼寺で五百羅漢図の下描きを見たときから、増上寺の完成品を見たいとずっと熱望していたことが今回叶いました。
    当時としては異色のダイナミックな構図と、緻密な描写に引き込まれます。


    もう一方は、
    六本木ヒルズの森美術館で開かれている
    村上隆氏の五百羅漢図展です。

    村上さんは、世界的に評価の高い現代アート作家です。
    こちらはかなり大勢の人が観覧に来ていました。



    これは人形です。


    こっちは写真です。
    やはり歯に目がいってしまいます(笑)


    海外の展覧会と同様に、写真を撮るのは全然オッケーでした。

    モチーフは羅漢という仏教のものですが、そういう宗教性は全くないです。
    逆に見る人が見るとあまりよく思わないかも知れないですね。。
    でも、仏教的なものを主題として描いた絵がこれだけ注目されることは、他ではないのも事実です。

    個人的には、やっぱり狩野一信の羅漢図の方が好きですね、このいかつい感じが◎


    と言いつつ、携帯の待ち受け画面は村上氏の写真にしています^ ^



    技工士 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする